新築一戸建てに住むための場所の選び方

ホーム / 新築一戸建てに住むための場所の選び方

新築一戸建てを購入する時は通勤や通学に便利な場所を探し、生活の拠点として安心して住めるように考えました。主要駅の近くや幹線道路沿いは坪単価が高く、離れた場所になると安くなり車や自転車を使えるように考えるとトータルの費用を減らることを知って良かったです。新築は設備の耐用年数が長く耐震構造のため、初期費用が高くても安心して生活ができることに興味を持ちました。

場所を選ぶ時は周辺の状況を確かめ、大型商業施設や医療施設、公共施設の位置関係を把握して決めることにしました。土地の価格が安い場所は周辺に何もないですが、今後の発展が期待できると判断して決めると効果が高いと知ったものです。

新築一戸建ては土地の価格が安い場所を探すと住宅ローンの期間を短縮でき、老後の生活を安心して暮らせることを知りました。結局は主要駅までは遠いですが車庫付きの家を探し、土地の価格が安くなったためトータルの費用を減らせて良かったです。